TOP >口腔外科

口腔外科

抜くか残すか――親知らずは正しい判断が必要です

[画像]抜くか残すか――親知らずは正しい判断が必要です

「親知らず」とは、永久歯が生えそろった後で奥歯の奥に生えてくる歯のこと。
10代後半から20代前半に生えてくることが多い親知らずですが、人によって生えたり生えなかったり、あるいはまっすぐ生えたり、斜めや真横を向いて生えたりと、“気まぐれ”な性質を持っています。

現代では口腔内にさまざまな問題を招く「トラブルメーカー」として扱われることが多い親知らず。
痛みや腫れをともなっている場合は抜歯が必要と判断されることがほとんどですが、すべての親知らずが必ず抜歯の対象となるわけではありません。

「親知らず」について

奥歯の奥に感じる腫れや痛みは、「親知らず」が原因かもしれません。
この腫れや痛みは時間の経過とともに治まることもありますが、放っておくとさまざまな悪影響を与えることもあります。
気になる親知らずの痛みがありましたら、なるべく早く愛知県一宮市の歯医者「アン歯科」へご相談ください。

親知らずを抜く場合と残したほうがよい場合
抜歯する場合 残したほうがよい場合
  • 親知らずの周辺に腫れや痛みがある
  • 周りの歯を圧迫して歯並びを乱している
  • 歯ぐきの中で神経などを圧迫している
  • 親知らずが虫歯になっている
  • 親知らずの周りの歯が虫歯になっている
  • 口腔内の粘膜を傷つけている
  • 正しい向きでまっすぐに生えている
  • 歯列に悪影響を与えていない
  • 歯みがきがきちんとできる
  • 腫れや痛みがない

アン歯科の口腔外科治療

一宮市のアン歯科では、オステオロジー(骨学)の考えをもとに、お口の健康を長期的に維持するという観点から親知らずを抜くべきか否かを診断し、必要であれば抜歯を行っています。
骨格や親知らずの生え方は一人ひとり異なるもの。
そのため検査結果と患者様の状態をふまえて最善の方法をご提案いたします。
全身麻酔が必要な場合は、全身麻酔対応の歯科医院をご紹介しますので、安心しておまかせください。

↑